TOP » 将来何に「なる」か

将来何に「なる」か

こどものころ、何になりたかったか。。。

幼稚園時代、お隣に住んでいた「ともちゃん」と漫才師になろうとひそかに考えていました。

その計画は数日で忘却しましたが、人生初の「将来の夢」は幼稚園時代におもいついたということははっきりしています。

「おもしろい」自分の才能に気がついた→将来の可能性をみた→明確なビジョン化

われながらスゴイ幼稚園児です。

次は、小学2年生。キョンキョンの影響で、アイドル歌手。

「目立つ」「人気者」「楽しそう」

クラス内でこの地位を築きつつあった小2の私は、先を見越してさらなる飛躍を

もくろんでいました。

が。

今、

残念ながら、アイドル歌手ではありません。

なぜでしょう。

原因はたった一つだと思っています。(ひとつです)

「目標に到達するためのルート、そして、そのルートから逆算した、〖今何を努力すればいいのか〗が具体的にわからなかった」

敗因は、たったこれだけです。(これだけです)

これを知っていれば、「なれなかった」が、少なくとも「ならなかった」

と自分主体で言えたはずです。

当法人(特に私)は、このことについて、

おとなになってしまった今、とっても無念に感じています。

だから、私たちの活動の中心には、

「無限の可能性」を語り、「その方法」を教え、「今の努力を応援する」

三つのスローガンがあります。

選択する権利はこども、当人にある。

わたしだって、

やみくもに原宿を歩き、(スカウトの機会を狙う努力)、有名養成所に入って、毎日歌の練習、作曲のノウハウを当時

学ぶなど(実際の音楽の成績は2)、生活環境を夢ルートにのせる努力をしていれば、

いまごろ。

月曜9時の主役だったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

PAGE TOP